三協熱研株式会社トップ
会社概要 分析・コンサルタント 設備・設計・施工 環境関連資材 募集要項 リンク サイトマップ

会社概要

事業内容

  1. 環境測定調査及び解析
  2. 環境アセスメント業務
  3. 環境コンサルタント業務
  4. 環境関連機材並びに一般産業機材の販売
  5. 工業薬品の製造、販売
  6. 空気浄化及び汚水処理の 機械装置の設計、製造
  7. 工場、事務所等の空調、消防、 ボイラ等設備の設計、施工及び 各種点検、メンテナンス
  8. 以上各号に付帯する一切の業務

社   是

周辺地図

当社は昭和48年1月「公害防止と省エネルギーは、まず、現状の把握から」 を合い言葉に、 測定分析を主体として設立致しました。

以来、大きな社会情勢の変化や厳しい経済変動等時代のニーズに合わせ、設備設計、工事部門、環境関連資機材の製作・販売へと 業務を拡大、 平成7年10月には、自社ビルを取得、新社屋に移転、現在に至っています。
年々複雑化・多様化するニーズに即応すべく「明日の社会が、明日の企業が必要とする物は何か」を基本理念とし、 徹底したサービス体制のもと、更なる努力をする覚悟でございます。

何卒、貴社のパートナーとして私どもをお選び下さると共に、従来にもまして御指導、御鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

法人資格

  • 濃度計量証明事業 愛知県登録第285号
  • 音圧レベルに係る計量証明事業 愛知県登録第529号
  • 振動加速度レベル計量証明事業 愛知県登録第557号
  • 臭気測定認定事業所(2種) 第244(05)号
  • 建築物空気環境測定業 愛知県登録 16空第1号
  • 建築物飲料水貯水槽清掃業 愛知県登録 16貯第3号
  • 作業環境測定機関 愛知労働局 第23-64号
  • 土壌汚染対策法指定調査機関 2003-4-1053号
  • 地下タンク等定期点検事業者認定 地(6)第23015号
  •  
  • 毒物、劇物一般販売業 薬第2857号
  •  
  • 建設業許可 愛知県知事(一般-23)第33068号(管・機・消・電)
  • 名古屋市上下水道局指定給水装置工事事業者 第836号

臭気判定士嗅覚検査機関受託 第10-091号

ISO 9001:2015 09QR-1559(計測G)

名古屋市エコ事業所認定  第0256号

名古屋市子育て支援企業認定 第022号

所属団体

  • (社)愛知県環境測定分析協会
  • (社)におい・かおり環境協会
  • (財)省エネルギーセンター
  • (社)愛知県産業廃棄物協会
  • (財)愛知県危険物安全協会

主な個人所有資格 2018年1月31日現在

  • 環境計量士 … 濃度6名 騒音・振動4名
  • 公害防止管理者 主任管理者 … 1名
  • 公害防止管理者 大気関係 … 4名
  • 公害防止管理者 水質関係 … 2名
  • 公害防止管理者 騒音振動関係 … 2名
  • 公害防止管理者 ダイオキシン関係 … 6名
  • 臭気判定士 … 11名
  • 土壌汚染調査技術管理者 …4名
  • 建築物環境衛生管理技術者 … 6名
  • 第一種作業環境測定士(鉱物性粉じん) … 10名
  • 第一種作業環境測定士(有機溶剤) … 10名
  • 第一種作業環境測定士(特定化学物質) … 10名
  • 第一種作業環境測定士(金属類) … 8名
  • 第二種作業環境測定士 … 4名
  • 2級管工事施工管理技士 … 3名
  • 第三種電気主任技術者 … 1名
  • 第一種電気工事士 … 1名
  • 第二種電気工事士 … 2名
  • 消防設備士 甲種第1類 … 2名
  • 消防設備士 甲種第4類 … 2名
  • 消防設備士 乙種第4類 … 1名
  • 消防設備士 乙種第5類 … 1名
  • 消防設備士 乙種第6類 … 2名
  • 消防設備士 乙種第7類 … 1名
  • 2級土木施工管理技士 … 1名
  • エネルギー管理士 … 3名
  • 衛生管理者 第一種 … 12名
  • ボイラー技士 特級 … 1名
  • ボイラー技士 2級 … 3名
  • ボイラー整備士 … 2名
  • 給水装置工事主任技術者 … 2名
  • 危険物取扱者 甲種 … 4名
  • 危険物取扱者 乙種第4類 … 15名
  • 危険物取扱者 乙種第5類 … 2名
  • 危険物取扱者 乙種第6類 … 4名
  • 地下タンク等定期点検技術者講習修了 … 16名
  • 局所排気装置等自主検査者講習修了 … 5名
  • フロン類取扱技術者 … 3名

品質方針

常にお客様の要望をよく理解し、技術と誠意によって十分な満足と信頼を得るサービスを提供するとともに 法的・社会的モラルを遵守する。あわせて、品質マネジメントシステムの有効性と効率性を継続的に改善する。